規制で借りられない場合

平成18年から平成22年6月18日にかけて、段階的に貸金業法が改訂されました。総量規制という法律も出来上がり、貸付金額に制限が設けられました。年収の1/3を超える金額の貸付けが禁止され、それまでのように簡単にカードローンの申込み審査が通らなくなったのです。

 

とはいえ、年収の1/3以下に制限されたとは言っても、年収450万円のサラリーマンなら150万円まで借入れが可能です。住宅ローンなどは制限の対象にならないので、一般的なサラリーマンや、100万円を軽く超えるような借入れをする人以外にはそれ程厳しい規制ではありません。総量規制が施行されたからといって、パートやアルバイトなどの非正規雇用者への貸付けが制限されたわけでもありません。

 

総量規制によってカードローン利用が難しくなったのは主婦や多重債務者です。特に専業主婦の場合には、自分自身の収入がないため、その時点でカードローンによる借入れができない状態になりました。

 

また、多重債務者にとっては、追加での借入れが困難になりました。特に、すでに年収の1/3を超える金額の残債が残っている債務者は、新たな借入れができない状態です。ただし、多重債務者であっても、借入を整理するおまとめローンによる借入れは総量規制の例外として認められています。

 

おまとめローンは消費者金融も銀行も行っており、今後の返済負担を低下させるためにも効率的な借り方となります。詳しくはおまとめローンの借り方にも書かれています。