制限なく借りられるわけではない

手軽にお金を借りられるサービスとして定着しているカードローンのサービスですが、いくらまでも制限なくお金が借りられるわけではありません。一昔前とは違って今ではカードローンの借り入れ金額を一定までに制限する決まりも設けられてしまっているので、制限に達するとそれ以上の借り入れが出来なくなってしまっています。

 

 

借り入れ先による違いもあり、消費者金融で借りる場合と銀行で借りる場合には別であるのですが、それでもどちらも似た基準で借り入れの上限を決めているとされています。基本的には銀行のカードローンの方が審査が厳しいため、消費者金融で制限に引っかかるような金額を借りていれば、審査が厳しくなる銀行で借りられないのも当然と言えます。

 

カードローンキャッシングを利用する上では、借り入れ先を考える上では知っておかなければならない今現在の借りられる上限金額や規制を、以下でしっかりと見ておきましょう。

 

総量規制とカードローン

総量規制とは、貸金業者が貸付けを行うにあたっての制限です。業者は債務者の年収の1/3を超える金額の貸付けを行えません。総量規制によって、すでに年収の1/3を超える金額の借入れをしている人や、収入のない専業主婦は、新たな借入れはできなくなりました。

 

新たな借入れができないというと、借りる側に対しての規制に見えますが、元々総量規制は消費者サイドの救済が目的で制定されています。収入に見合わない借入れをして返済不能になってしまう消費者が問題視されたため、過剰な借入れができなくなるよう規制したのです。

 

よって、総量規制に違反した時に罰せられるのは借りる側ではありません。貸し付けた側が処罰の対象となります。

 

住宅ローンやマイカーローン

年収の1/3を超える可能性のあるローンとして、住宅ローンやマイカーローンがあります。これらは総量規制の対象となりません。年収の1/3を超えていても借入れ可能ですし、すでに住宅ローンで年収の1/3を超える借入れをしていてもカードローンの申込みは可能です。

 

年収の1/3を超える金額の借入れ方法

事情があって年収の1/3を超える金額の借入れを行いたい場合には、いくつかの方法があります。まず、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用する方法があります。銀行の場合には銀行業法という別の法律が適用されているため、総量規制の対象外となります。

 

また、自身の年収が1/3に満たなくても、配偶者に安定した収入があれば収入合算での借入れが可能です。その際には配偶者の同意が必要になります。

 

ただし、収入合算での借入れについて認めるかどうかは、貸金業者の判断に委ねられます。現状消費者金融では収入合算での貸付けを断っている状態なので、やはり銀行のカードローンを利用するという方法でしか借入れはできません。

 

実際に大手の消費者金融の利用条件を見てみると、有名どころのプロミスで借りるための審査基準は本人に安定した収入と定めています。

 

また、これはカードローンとは違いますが、クレジットカードのショッピング枠を利用するのは、総量規制の対象にはなりません。

 

すでに年収の1/3を超える借入れを行っている場合

法改正前にすでに借入れをしていて、年収の1/3を超える金額の借入れを行っているからといって、すぐに返済を求められるわけではありません。追加融資ができなくなっていますが、今まで通り返済をしていけば問題ありません。

 

ただし、年収の1/3を超える借入残高がある状態は健全とは言えません。早めに具体的な対策を取るべきでしょう。借入金額が大きい時には、金利の低い所へ一本化してしまうのがお勧めです。

 

借り入れの一本化なら銀行カードローン

多くの借り入れを一本化するなら、低金利で借りられるおまとめにも使えるカードローンを考えてみましょう。多くのカードローンがある中でおまとめに向いているのはオリックス銀行カードローンです。

 

オリックス銀行カードローンは来店不要での手続きができるだけでなく、銀行カードローンにあちがちな口座開設も不要としています。余計な手続きはなく、カードローンの審査や契約で借りられるので、おまとめローンとしての利用だけでなく何かと便利で安心ができるカードローンとなっているのです。

 

審査回答は最短即日と素早い対応にも期待ができますので、一本化で借りる、フリーで借りる問わずに利用前にはおまとめローンに適するオリックス銀行で基本情報を確認しておきましょう。